· 

【報告】晴れ間で『もくもく会』を初開催しました。

『もくもく会』ってご存知ですか?もくもく=黙々です。つまり、黙々と何かをやる会を『もくもく会』と言います。phaさんという『ギークハウス』もつくった方がやり始めたもので、公式ウェブサイトがあったので引用してご紹介します。これを晴れ間で初開催しました。

 

phaの日記

pha(@pha)さん | Twitter

 

▼引用ここから▼

もくもく会とはカフェとか誰かの家とかに集まって、それぞれ各自もくもくと勉強したり作業したり本を読んだりするだけの会のことです。

プログラマがやるハッカソンとちょっと似てるんですが、ハッカソンよりもっとゆるい感じで、もくもく作業するだけで別に成果物を発表したりしなくてもいい、という適当な雰囲気の集まりに何か名前があるといいなと思って作ってみました。

「家ではどうも仕事や勉強に集中できない、さぼってしまいがち」とか「一人だとついつい遊んでしまうけど他の人が作業してるのを見ると自分もやんなきゃなんないような気がする」とか「一人でタスクに向かう気の重さを人と集まることで紛らわせたい」とかそういう人にお薦めです。

ジャンルもプログラミングなどに限らず、ずっと本とか読んでてもいいし、絵を描いたり編み物したりするのでもいいと思います。「やってみたい」って思った方はどなたでも気軽に仲間内などで開催してみてください。

by @pha

もくもく会ポータル

▲引用ここまで▲

 

なんとなくわかりましたか?僕も最初はプログラミングのイメージが強かったのですが、読書でも絵描きでも編み物でも良いそうです。ゆるゆるしているのが特徴ですね。

 

晴れ間でも、「読書会したい」とか「勉強会したい」って声がちょこちょこ挙がってはいたのですが、ここ1,2年なかなか企画には至りませんでした。数年前にはやったこともあるのですが、そのときは続けるのが大変で、何回かやった後なくなってしまいます。

 

今回、『もくもく会』は初開催。下記の時間割で開催しました。

 

  1. 2018.03.03(土)18:00〜20:00(2時間)…もくもく会
  2. 2018.03.03(土)20:00〜22:00(2時間)…打ち上げ(もぐもぐ会?ごくごく会?)

 

上記のような2段構成で企画。『もくもく会』で何か黙々とがんばって、その後は打ち上げ。よく勉強会や研修の後にみんなで飲みに行くイメージですね。と言うのも実は、「お酒が美味しくなる企画をやろう」が先だったのです。

 

僕(まさと)とさだっちで、「3月は毎週土曜日にイベントやりたいな」と話をしていました。で、「1番テンション上がる企画は何か」と考えてみると、「究極の理想は飲めたらそれでええよね」で意見が一致。

 

それで「じゃあお酒が美味しくなることを手前にやろう」となったわけです。がんばった後のお酒は美味しいはず。となると、次は「具体的に何をするか」の話になります。最初は、読書会やら勉強会やらが挙がりました。けど、これだとどうもしっくり来ない。

 

今は非公開の招待制でイベント開催しているため、あまり決まりすぎていると、日程が合わなくても参加できないし、企画内容が合わなくても参加できないし、ということが起こりそうだと思いました。困りましたね。

 

そこに『もくもく会』という案が登場。どうやって降ってきたのかは忘れましたが、これならやりやすそうだなと。読書したい人は読書すれば良いし、勉強したい人は勉強すれば良いし、仕事したい人は仕事すれば良い。みんな違うことをやるんだけども、それをみんなでやる。

 

そしたら、「読書会だったら参加したい」とか「その勉強会は興味ないかも」とか「それ参加したかったのに先約が」とか、困ったことになりにくいかなと。僕らも来てほしい人がふわっと集まれる場にしたいので、ちょうど良さそうだなと思い、採用しました。

 

さて、ここからは実際にやってみての感想です。結論、「やって良かった」そして「またやりたい」ですね。18:00〜20:00の『もくもく会』自体に参加してくださったのは、僕ら運営2人(まさと+さだっち)を含めて6人。それぞれが何をもくもくしていたのか紹介しましょう。

 

  1. まさと…勉強:プログラミング(学習サイト『プロゲート』でPHP入門編)
  2. さだっち…作業:晴れ間の新ウェブサイト(2018.04.01公開予定)
  3. 読書:SEKAI NO OWARIのSaori著『ふたご』
  4. 勉強:プログラミング(大学院の研究)
  5. 作業:写真整理(カレー)
  6. 仕事:写真整理(子供たち)

 

僕ら以外のお名前は一応伏せておきましたが、こんな感じでみんなもくもくしていました。意外とみんな後回しにしていたことがあったようで、それを1,2時間集中してできたのは良かったようです。

 

最初に1つだけルールを設定しました。『もくもく会』はガチガチな会ではなく、ゆるゆるな会なので、黙々だから黙っておかないとダメとか、ひと言もしゃべっちゃダメ、というわけではありません。

 

ただ、せっかく参加するので、ずっとおしゃべりしてちゃそれはそれでもったいない。終了後には打ち上げもあるから、そこで思う存分しゃべれば良い。そこで、「集中したいときには合図を出してください」とお願いしました。具体的には、「イヤホンなり耳栓で耳を塞いでください」と。

 

耳が塞がっている人は「今話しかけたらダメなんだな」とわかりやすいし、逆に耳が塞がっていない人は「いざってときには話しかけても大丈夫」ってことがわかります。その1つだけを共通の決まりごととして、最初にルール説明しました。

 

実際にイヤホンしながら読書する人もいたので、ないよりはあって良かったのかなと思っています。ルールはありすぎも窮屈ですが、なさすぎも無法地帯になる可能性があるので、とりあえず1つならセーフだろうと思い、試しに設けてみました。

 

あと、これはシャレですが、終了の合図として、20:00にYouTubeで学校のチャイムの音を鳴らしてそれっぽくしました。と言うか、終わり際みんながすごい集中していたので、声を出して止めるのが憚られたのもあります。

 

放っておくと、まだまだもくもくしそうな空気でした。ですが、途中でお腹がぐーぐー鳴る音があちこちから飛んできていたのもあったので、20:00だしご飯を食べねばと思い、時間厳守で止めちゃいました。お待ちかねの打ち上げです。

 

セブンに行くか、出前を取るか、と提案したところ、「ピザ!」という声が。他の日も「いいねいいね!」となったので、記念すべき初回の打ち上げメニューはピザとなりました。注文して30分ほど待つ間に、近所のセブンイレブンへ。お酒やおつまみなどを買って帰ります。

 

ピザは待ち切れないので、先におつまみで乾杯。みんなでいろいろつまみながら談笑しました。この時間から東京支部のもみこが帰宅。『zoom』というビデオ通話サービスを使って、オンライン飲み会にもなりました。ピザも到着。明太マヨもミートラヴァーも美味でした。

 

そんなこんなで、22:00まで楽しみ、あとはいつものごとく流れ解散。22:30ぐらいに帰り道だった常連さんが来てくれて、すぐ帰るつもりが2時間ぐらい打ち上げに参加してくれたりも。6人だったのが、最終的には8人の会となりました。予想以上に楽しくて良かったです。

 

以上、晴れ間で『もくもく会』をやるきっかけから当日の様子までをご紹介しました。今後も継続して、前向きであったかくて楽しい時間へと育てていきたいなと思います。打ち上げでカレーが出る日もあるかも?お楽しみに。