· 

2018年2月から「1人2,000円で最大8時間(短時間なら割引)」に変更となりました。

晴れ間の料金体系をちょこっとだけ変更したので、ご紹介します。

2018.02.01(木)からの適用です。

 

1月中は実験的に「1人1日1,000円」としていました。

理由は、「第2・第3の家としてくつろいでほしい」と思ったから。

のんびり過ごしてもらうには、料金は細かくない方が良いなと判断しました。

 

実は、遡ると「10分50円(1時間300円)」と設定していた時期もあったんですね。

目的は、「公平・平等」でした。

いたらいた分だけの料金が発生するのが「当然」であり「普通」だと。

 

ですが、これだと「いたらいただけ課金される」と思う人がいらっしゃいました。

晴れ間の魅力として、いろんな方に言ってもらっていた「居心地」や「落ち着き」や「あったかさ」を感じにくい環境だったかも…と反省。

運営事情としてはお金が必要ですが、「また来たい」,「また行きたい」と思ってもらえなければ意味がありません。

 

あとは、料金の伝え方の観点からも。

料金体系は、晴れ間のサイトに書いてはありますが、予約者ご本人以外の訪問者には正確に伝わりづらいです。

複雑であればあるほど伝える方も面倒で手間だし、聞いた方も理解や記憶するのが大変でしょう。

結果、敬遠されるようになったかもしれませんし、伝わっておらず無料と思って帰ろうとする方が出てくることもありました。

 

とは言え、前述の通り、運営上はお金も大事。

維持できなくなれば晴れ間の存在を大切に思ってくれている方が2度と訪問できなくなってしまいます。

「それなら空間内での料金表示をもっとわかりやすくしよう」と理事で話をして、「まずは掲示が何もない状態から何かある状態にしよう」とやってみました。

 

2017年12月までは、葉書サイズの紙に5種類の料金体系を書いて設置。

ですが、小さすぎたようで、それでは気づく方がほとんどいませんでした。

気づかれなければないのと同じなので、視認性を高めるために大型化しようと改良案を練ります。

 

目立たせるためには、料金体系そのものもシンプル化・簡素化が必要だと判断。

そこで、思い切って料金の主役を決めました。

その値段を、A4サイズ2倍のA3サイズで、しかも額にもちゃんと入れてどどーんと掲示したのです。

 

結果、かなりの確率で訪問者に気づいてもらえるようになりました。

まずは最低条件をクリア。

ですが、早くも次の課題が見つかります。

 

「1人1日1,000円」という表示には3つの要素で構成されています。

  1. 1人
  2. 1日
  3. 1,000円

 

それぞれ見てみましょう。

  1. 1人…人数のこと。個人利用は良いのですが、複数人での利用や団体利用の際に、「みんなで1,000円」と勘違いせずに済むように「1人あたり」と明記しています。
  2. 1日…「1回」ではなく「1日」としました。晴れ間は夜に人が集まることの方が多いため、楽しくて日付けを超えることもしばしば。そこで、00:00(24:00)を基準時刻として、「日付が変わったら2日目」という風にしようと考えていました。
  3. 1,000円…金額ですね。晴れ間は「できればキャッシュレス化したい」+「受付業務を簡素化したい」という願望があります。そのため、なるべく硬貨を取り扱う種類や数量を減らしています。「硬貨なし紙幣のみ」が理想なのですが、それだと窮屈すぎるので、500円玉ぐらいは動いているのが実情です。

 

こうした背景があって、2018年1月中は「1人1日1,000円」と掲示していました。

ですが、先ほどお伝えした「次の課題」が登場。

お昼や夕方ぐらいから利用していただくことも、日によってはあるということを忘れておりました。

 

例えば、18:00〜24:00の6時間でも、16:00〜24:00の8時間でも、12:00〜24:00の12時間でも、同じ「1日」として数えることができる決まりにしてしまっていたことに気づいたわけです。

もちろん、これを「良し」と思えればそのままで問題ありませんでした。

ですが、「さすがにこれはちょっと…」と思ってしまったので、2018年2月からは変更することに。

 

それがこちらの写真です。

「やっぱり時間の上限は必要だ」という結論になり、表示することにしました。

「1日」という書き方も「わかりにくいかも」と思って削除。

整理すると下記の通りです。

  1. 2,000円…上限8時間
  2. 1,000円…上限4時間

 

あとは、2時間以内だったら500円にするなど、柔軟に対応したいと思っています。

 

晴れ間の理事会では、「しばらく週1ペースで改善・改良していきたい」という話を先日しました。

今回の変更を受けて、さらにまた新たな課題が見つかったので、次はそれに取り組んで参ります。

さらりとお伝えすると、「初めての方や久しぶりの方が晴れ間に行きやすくなるような何か」を考え始めました。

 

このブログを読んでくださっている方も、そして僕ら運営陣も、お互いに「また行きたいな」,「また来てほしいな」と思い合える場所でありたいので、今後のお知らせもぜひ楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

 

他にも、晴れ間で「できること(企画)」や「あるもの(設備)」だったり、晴れ間の魅力や価値や理念のようなものについても、理事のさだっちが制作・掲示してくれたので、こちらも併せてご覧ください。